ボディケアは肌に優しい製品を使っています。

はじめに

ボディケアは年々、丁寧にするように心がけています。

以前は顔やデコルテだけをしっかりケアしていて、体はどうでも良いというスタイルでした

が、それでは駄目だという事を思い知る事があったので、ここ数年は特に体に重点をおいてケアをするようになりました。

年齢と共に合った製品を使う

以前、古くからの友人たちと女性4人で温泉旅行へ行った事がありました。

女子旅行はお互いがどんな基礎化粧品やメイク道具を使っているかとか、どんな下着やパジャマを着ているかとか、どんなカバンを持ってくるかということが密かな楽しみでもあります。

当日は私になりいバックや基礎化粧品に気合を入れて、いつもより高価な物を持参したのです。

しかし、旅館で衝撃を受けたことがありました。

一緒に旅行した3人のうちの2人がボディケアにも凄く気を使っていることが分ったのです。

お風呂上りに脱衣所でマイボディクリームやローションと専用ブラシなどをポーチから取り出して、せっせとケアをしている2人を見て、何もしない派の友人と2人と呆然となりました。

その時を機に私も人生初のボディケアに目覚めるようになったのです。

友人1人が使用したオーガニック系のボディーローション(トリロジーのファーシングボディローション)を使用させてもらいました。

テクスシャーが本当に緩くて油断するとこぼれてしまいそうなタイプのローションでしたが、肌馴染みが良くて、つけた後は体全体がとっても潤い事を実感しました。

帰宅してすぐに私も購入して使用を始めました。

友人曰く、年齢にあったボディクリームやローションを使い、出来たら40代は肌に優しい製品を使った方が良いとのアドバイスをくれましたが。

友人の肌は40代とは思えないくらいに全身が潤っていました。

とにかく全身保湿が大事な40代

それからはすっかりボディケアにはまった私が感じた事は、ボディにも気を使いケアをする様になると、以前より全身が引き締る感じがしてきたのです。

それまでは体のケアは全くしていなかったので、余計にそう感じたのかもしれませんが、確実に肌も潤いを感じようになりました。

そして、真冬でも足や腕に粉を吹くことがなくなり、静電気も少なくなりました。

それまでいかに乾燥していたかが分りました。

もっと潤いたい時は

どんなにボディケアをしていても、やはり季節や年齢には逆らえず乾燥ちがちな日もあります。

そんな時はお風呂上りに体が濡れているうちにオイルケアをまずします。

私はセブンフローを浴室に置いていて、乾燥が気になる日にはお風呂場内でセブンフローのオイルを何滴は手の平にたらして体全体につけてから出ます。

その一手間でかなりの全然肌が違います。

さいごに

私はこれらのボディケアをする様になってから年齢に負けない肌(ボディ)になっている気がします。

これからも地道に続けたいと思っております。