毎日湯船に浸かってしっかり保湿

毎日シャワーだけよりも湯船につかるほうがいいです

毎日シャワーで済ませるよりも、湯船に浸かったほうがいいとはよく聞くことですが、それは当たっています。

毎日シャワーだと体がじゅうぶんに温まりません。

しっかりと湯船で体を温かくすることで、体の新陳代謝が上がります。

新陳代謝が上がることで、肌の再生機能も上がります。

せっかくお風呂が家にあるのならば使いましょう。

ボディケアをするのであれば湯船は欠かせません。

湯船にはストレス緩和の効果もあります

ボディケアをするにあたって、大事なのは、ストレスを溜めないことも大事です。

体と心はつながっています。

心にストレスを抱えていると、そのストレスは体にもよくない影響を与えます。

肌荒れだってそのストレスが原因かもしれません。

湯船にゆったりと使ってみましょう。

そうすることで、溜まっていたストレスが軽減されます。

ストレスが軽減されると心にゆとりができます、そうすると、体もリラックス状態になります。

心身ともに健全な状態でいることがボディケアには大事です。

湯船のあとにはしっかりと保湿しましょう

ゆったりと湯船に浸かったあとには、しっかりと保湿をすることが必須です。

体は顔とはちがい、基本的には一日のうちに一度しか洗いません、ですのでなおさらこの一回を大事にしましょう。

保湿にはボディ用の保湿液を使用します。

いろいろなものが発売されているので、自分の肌質に合ったものを選んで使いましょう。

もしものすごく乾燥肌であれば、普通の肌用のものを使ってもあまり効果がありません。

超乾燥肌用のものを選ぶことが大事です。

早いタイミングで保湿をします

そして、保湿液を塗るタイミングはお風呂から出てなるべく早いにこしたことはないです。

放っておくとどんどん肌の水分が飛んでしまいます。

せっかく湯船につかって新陳代謝があがっていい状態の肌なので、早めにうるおいを閉じ込めましょう。

湯船のあとの保湿がなによりのボディケアです

いろいろなボディケアがありますが、ベースとなるのは湯船と保湿です。

これをするとしないとではボディケアに差が出ます。

正しいボディケアにはまずは湯船と保湿から始めてみることがいいです。

そして、一日限りではなく毎日続けることが大切です。

美肌は一日では作れません。

根気よく毎日行うことで理想の美肌は作れます。

かといって毎日苦痛になってしまっては元も子もありません。

楽しんで行いましょう。