乾燥肌を改善して美しさをキープする!!

乾燥肌の改善は乾燥予防と保湿が鍵

乾燥肌に悩まされている人はたくさんいます。

もちろんその原因は様々ですが、多くの場合は乾燥予防が不十分であったり、保湿が上手くできていないことにあります。人の体質はそれぞれ異なるために、多くの人に効果がある乾燥対策でも、ある人にとってはそれが効果を発揮しないことがあります。特に皮脂の分泌量が少ない人にとって、一般的に行われているボディケアでは肌の乾燥を防ぐことはできません。

しかしそのような状況にあっても乾燥肌を予防し、美しい肌を持つことは可能です。ここで鍵となるのは乾燥予防と保湿の仕方です。ではどのような方法で乾燥肌を改善できるのかについて見てみましょう。

乾燥予防

先にも述べたように、乾燥しやすい人の肌には十分な量の皮脂が分泌されていないことがあります。

皮脂とは皮膚を覆っている油分で、これが存在することで肌の水分が外に逃げるのを予防できるのです。しかし皮脂が皮膚上にたくさん存在すると、これらは毛穴に詰まってしまいます。そして毛穴に存在する雑菌の餌となり、それらが異常繁殖することがあります。雑菌は皮脂を分解するときに代謝物を発生するのですが、これが体臭や肌荒れを引き起こします。こうした状況を回避するために、多くの人は1日に体を何度も洗います。

しかし体を洗うごとに皮脂が流されてしまうために、肌を乾燥から守る大切なバリアが奪われてしまいます。

その結果肌の水分量が減り、乾燥肌が生じてしまうのです。こうした状況を避けるために、石鹸やボディーソープをつけて体を洗う回数を減らすとができます。できるならばそれらの洗浄成分を使用して体を洗うのは1日1回に止めておきます。体が汚れていると感じた場合、38度くらいのお湯で洗い流すだけでもかなりの量の汚れを除去できます。

もし何度もシャワーを浴びたいと感じることがあるなら、この方法で対処することができます。

保湿化粧水の使い方

ボディケア用品の1つとして、保湿化粧水を使用している人はたくさんいます。

このようなものは肌に潤いを持たせてくれる大切なアイテムです。しかし乾燥した肌に保湿化粧水を塗るだけでは、効果が見られないことがあります。なぜなら保湿化粧水が肌に浸透する前に蒸発してしまうことがあるからです。

このようなことを避けるために、保湿化粧水を塗った後にその上から乳液を塗ることができます。乳液は油分であり、蒸発することはありません。つまり保湿化粧水の上から乳液を塗ると保湿化粧水の蒸発を防ぐことができるのです。このような工夫によって乾燥肌を改善できます。