ちょっとした努力でアンチエイジングを行う!

運動と休息の関係

よくボディケアには運動と休息が大きく関係しているといわれます。確かに健康的な身体をキープするためには、定期的な運動としっかりとした休息を取ることがキーポイントとなります。そしてこれら2つのことは、若さを保つことにも大きく貢献します。運動をすると体が程よく疲れます。

そしてその疲れが深い睡眠をもたらしてくれるわけですが、このような流れはアンチエイジングを促してくれるのです。

ではなぜ運動と睡眠がアンチエイジングと関係しているのか、そしてアンチエイジングをより効果的に行うためにはどのような運動や睡眠が必要なのかについて考慮してみましょう。

運動とアンチエイジング

健康で引き締まった体をキープするために、定期的に運動している人はたくさんいます。

このような仕方でのボディケアは健康促進にも効果があるために、とても大切です。人の体は運動すると成長ホルモンの分泌を促します。つまり定期的に運動している人の体内では成長ホルモンがたくさん分泌されているのです。このホルモンの主な役割は、名前が示すように身体の成長を促すことです。しかし成人した人の体が成長することは滅多にありません。それでも成長ホルモンの分泌は決して無駄にはならないのです。

このホルモンには老化を遅らせる効果があります。そのためアンチエイジングには欠かすことができないホルモンなのです。この成長ホルモンは筋肉を使う運動を行うときに分泌が活発になることがわかっています。そのため忙しくて長い時間、運動することができないという人は、短い時間の筋トレを行うことによって成長ホルモンの分泌を促すことができます。

睡眠の重要性

アンチエイジングには十分な睡眠も不可欠です。

人間の体は細胞によって構成されていますが、この細胞は常に新しくされます。しかし年齢を重ねるごとに新しい細胞を作る能力が衰えていき、これが老化の原因の1つとなっています。しかし細胞分裂を活発にすることは可能です。

細胞は人が睡眠を取っているときに分裂し、新しいものが作られていきます。そして22時から2時の間にその働きが最も活発になるのです。つまり22時から2時の間に睡眠を取っていれば、細胞分裂は非常に活発になって新しい細胞がたくさん作られることになるのです。

そのためできるならば予定を調整して早寝早起きを心がけるようにします。そうすることで新しい細胞が体を満たし、若さを保つことができるのです。